くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
化野念仏寺・千灯供養

毎年8月23、24日に化野念仏寺で行なわれている、無縁仏(数千の石仏や石塔)にろうそくを灯し、供養する宗教行事。
      
化野念仏寺は、京都市右京区・嵯峨野にある浄土宗の寺。

嵯峨野の化野は、平安時代以前より、東山の鳥辺野、洛北の蓮台野とともに、墓地・葬送の地。
811年、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのが、念仏寺の始まりといわれています。
その後、法然が、ここに念仏道場を開き、寺の名前も念仏寺に。

境内の数千体という石仏・石塔は、明治時代、化野に散在していた多くの無縁仏を掘り出して集めたもの。
その無縁仏に、地蔵盆とその前日(8月23、24日)、ろうそくを灯し供養を行います。
何千もの、ろうそくの灯が石仏を浮びあがらせ、幻想的な空間を作り出します。
京都の夏の終わりを告げる風物詩となっています。

<ホームページ>
■化野念仏寺
http://www.nenbutsuji.jp/

<日時>
8月23、24日18時~21時。
(受付17時30分~20時30分)

<場所>
化野念仏寺(京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17)
・JR京都駅から嵯峨野線で「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩30分。
・JR京都駅から京都バスで「嵐山・清滝」行きに乗車、「鳥居本」で下車、徒歩5分。

<入山料>
行事協力維持料として、1000円。
(小学生以下無料、ろうそく、パンフレット込み)

<注意>
・当日、混雑が予想される為、お車での参詣は御遠慮ください。
・境内での混雑、事故の防止の為、三脚等使用の撮影はご遠慮ください。
・石仏、五輪の塔に触れないでください。
(積み重ねてあるものも多々ございますので、けが防止の為、御協力を)
・19時~20時は混み合うことが予想されますので、安全の為に境内でお待ちいただくことがあります。
・京都府南部に暴風・大雨等の警報発令時は、中止となります。



    ページのトップへ