2017桜(ソメイヨシノ)開花・予想 桜
    ホーム     旅・観光情報
【2018年、桜開花予想・目次】
1、2018年の概況
2、北海道・東北地区の開花予想日
3、関東・甲信越地区の開花予想日
4、東海・北陸地区の開花予想日
5、関西地区の開花予想日
6、中国・四国地区の開花予想日
7、九州地区の開花予想日
8、開花予想の理論、計算式
9、桜・開花までの生理
 2018年の概況
                       
<日本における開花>
桜の開花は、秋から春にかけての気温の違いにより、大きく3つの区域に分かれます。
     
1、休眠打破の早晩が、開花の早晩を決める地域
元々、冬場の気温が高いため(休眠打破したあとは、開花まで順調に進むため)、休眠打破の早晩が開花に大きな影響が与える地域。 九州南部、九州北部の一部など。

2、休眠打破の早晩と、2月、3月の気温の両方が大きな影響を与える地域
九州北部の一部、中国、四国、近畿、東海、関東、北陸など。

3、2月以降の気温の推移が、開花を決める地域
冬場の気温が低いため、休眠打破は毎年1月半ばまでに終了しており(休眠打破の早晩が、開花の早晩に影響しない)、2月以降の気温の推移が開花を決める地域。
北日本、長野、新潟など。

<2018年の状況と開花予想>
気象庁は、2月末まで、ラニーニャ現象時の特徴が持続する可能性が高いとしました。
この影響で寒冬になる可能性が高く、実際、11月から12月までの気温は、全国的に低く推移しています。
        
寒冬の影響で、休眠打破が早くなる見込みです。
休眠打破の早晩が開花の早晩を決める地域では、4日~11日程度早くなる予想です。
     
休眠打破と、その後の気温の両方が大きな影響を与える地域では、平年並~7日程度早くなる予想です。
       
2月以降の気温の推移が開花を決める地域は、平年並~3日程度早くなる予想です。
   
*予想は2018年1月3日現在。
*今後の気象条件が変化すれば、開花予想も変更されます。また、随時、予測計算を行っていく予定です
 北海道・東北地区の開花予想日
                       
・札幌…4月30日(平年は5月3日)
・函館…4月28日(平年は4月30日)
・青森…4月21日(平年は4月24日)
・秋田…4月16日(平年は4月18日)
・盛岡…4月19日(平年は4月21日)
・山形…4月14日(平年は4月15日)
・仙台…4月10日(平年は4月11日)
・福島…4月9日(平年は4月9日)
 関東・甲信越地区の開花予想日
                       
・宇都宮…3月29日(平年は4月1日)
・前橋…3月28日(平年は3月31日)
・水戸…3月30日(平年は4月2日)
・熊谷…3月25日(平年は3月29日)
・銚子…3月28日(平年は3月31日)
・東京…3月22日(平年は3月26日)
・横浜…3月22日(平年は3月26日)
・新潟…4月8日(平年は4月9日)
・長野…4月11日(平年は4月13日)
・甲府…3月25日(平年は3月27日)
 東海・北陸地区の開花予想日
                       
・静岡…3月23日(平年は3月25日)
・名古屋…3月24日(平年は3月26日)
・岐阜…3月24日(平年は3月26日)
・津…3月28日(平年は3月30日)
・富山…4月4日(平年は4月5日)
・金沢…4月3日(平年は4月4日)
・福井…4月2日(平年は4月3日)
 関西地区の開花予想日
                       
・京都…3月25日(平年は3月28日)
・大阪…3月21日(平年は3月28日)
・神戸…3月21日(平年は3月28日)
・彦根…4月1日(平年は4月2日)
・奈良…3月26日(平年は3月29日)
・和歌山…3月22日(平年は3月26日)
 中国・四国地区の開花予想日
                       
・岡山…3月24日(平年は3月29日)
・広島…3月22日(平年は3月27日)
・下関…3月23日(平年は3月27日)
・鳥取…3月30日(平年は3月31日)
・松江…3月30日(平年は3月31日)
・徳島…3月25日(平年は3月28日)
・高松…3月23日(平年は3月28日)
・松山…3月20日(平年は3月25日)
・高知…3月15日(平年は3月22日)
 九州地区の開花予想日
                       
・福岡…3月19日(平年は3月23日)
・佐賀…3月20日(平年は3月24日)
・長崎…3月20日(平年は3月24日)
・熊本…3月18日(平年は3月23日)
・大分…3月20日(平年は3月24日)
・宮崎…3月15日(平年は3月24日)
・鹿児島…3月15日(平年は3月26日)
 開花予想の理論、計算式
                       
桜の花芽が休眠打破した日を計算し、それ以降の気温を予想し、開花日を予測します。
        
ソメイヨシノの場合、休眠打破に8℃以下の気温が900時間~1000時間必要です。
       
開花までどれくらい掛かるかは、休眠打破したあと、積算温度や積算時間で計算します。

【計算例・2018年の京都】
<計算の前提条件>
・京都の場合、開花までに必要な積算温度は、立春(基準日)から約360℃(平均気温)…①。
・休眠打破に必要な低温(8℃以下)時間は、1000時間。
       
・立春(2月4日)を、積算温度計算の基準日(平年)とする。
      
・気温が平年より1℃低いと1日当たり2時間、8℃以下の時間が増加すると計算。
逆に気温が1℃高いと、1日当たり2時間、8℃以下の時間が減少すると計算。
       
・気象庁は冬の終わりまで、ラニーニャ現象の特徴が持続する可能性が高い(60%)と判断したため、1月の気温を1℃、2月の気温を0.5℃低いと予測。
・春(3月)は平年並と予測
   
・1月~2月の8℃以下の時間は、1日24時間のうち21時間(平年値)ですが、2018年は寒冬のため、23時間と予測…②
     
<2018年の休眠打破>
・2017年11月の気温は、平年より0.9℃低くなったため、休眠打破は54時間早くなった。
30日×0.9℃×2時間=54時間…③
     
・2017年12月の気温は平年より1.4℃低くなったため、これにより休眠打破は86.8時間早くなりました。
31日×1.4℃×2時間=86.8時間…④
       
・11月と12月の低温による休眠打破の進み(③+④)。
54時間+86.8時間=140.8時間…⑤
     
・2017年の低温により休眠打破が早くなる日数は(⑤÷②)、
140.8時間÷23時間=6.1日…⑥
・基準日より約6日早くなり、2017年12月末時点で、計算上の休眠打破日は1月29日…⑦
     
・2018年1月の気温は平年より1.0℃低い予測のため、これによる休眠打破の進みは、
1月(⑦により29日)×1.0℃×2時間=58時間…⑧
      
・1月に休眠打破が早くなる日数は(⑧÷②)、
58時間÷23時間=2.5日…⑨
     
・休眠打破が早くなる日数(⑥+⑨)
6.1日+2.5日=8.6日
       
■2018年の休眠打破は、平年より約9日早くなり、1月26日。
(計算上は、この日から桜の花芽が生長を始める)
     
<1月の積算温度>
・1月の気温を平年より1℃低い(3.6℃)と予測。
また、基準日(1月26日)から1月末までの日数は6日
1月の積算温度は、3.6℃×6日=21.6℃…⑩
      
<2月の積算温度>
・2月の気温を平年より0.5℃低い(4.6℃)と予測。
2月の積算温度は、4.6℃×28日=128.8℃…⑪

<3月に必要な積算温度>
・開花までに必要な積算温度(約360℃)から、1月(⑩)と2月(⑪)の積算温度を引いたもの。
360℃ー21.6℃ー128.8℃=209.6℃…⑫
        
<3月の開花に必要な日数>
・必要な積算温度(⑫)を、3月の気温(平年並の8.4℃)で割ったもの。
209.6℃÷8.4℃=24.9

■計算上の京都の桜開花日は、平年より3日早い、3月25日。

*2018年1月3日現在の予想
*計算上の予想日で、今後の天候に左右されます
 桜・開花までの生理
                       
<桜の開花まで>
1、桜の花芽は、前の年の夏に出来ます。
2、秋になると、花芽は短日・低温を受け、休眠に入ります。
      
3、花芽は一定期間、低温にさらされると、休眠から目覚めます(休眠打破)。
4、花芽は休眠から覚めたあと、気温が高くなると成長を始め、そして、開花します。


 ・ 桜の名所情報
 ・ 桜・見頃情報(全国)
 ・ 京都・桜見頃情報
*開花の時期は、気温の推移により変わってきます。最新の情報でご確認を。
*開花予想は、最新の気象状況を加味し、改善していくつもりです。
*見頃の時期等については、「桜の見頃情報」でご確認を。
桜
大阪城

桜
弘前公園:©弘前市
桜
東京・千鳥ヶ淵:©旅々

桜
金沢:©金沢市観光協会
桜
京都・祇園白川
桜
山口・錦帯橋:©岩国市
桜
福岡・舞鶴公園:©福岡市
桜
京都・東寺
桜
京都・醍醐寺
桜
京都・醍醐寺
桜
京都・円山公園
桜
大阪・造幣局
桜
大阪・大川
   ページのトップへ